私は行く、自己満足の向こう側へ・・・

ムコウガワイクオのぶろぐ

ストレス

40代ぼっちが己の人生に迷走したから瞑想をしてみた

更新日:

単調な生活をくりかえすだけ、そんな毎日もいいさ。

ミスチルの雨のち晴れという歌の冒頭の歌詞です。

40代ともなれば人生を雨のち晴れと例えたときに晴れることが少なくなってくるように感じます。

人生の折り返し地点ととらえてしまうことも多く今までの歩んだ人生に疑問をもってしまいます。

あのとき、ああすればよかったのか?こうするべきだったのか?

などと後悔や先行きへの不安、全ての思いに迷いが生じてきてしまうものですね。

これらの迷いをふっ切るためにも瞑想で迷走から抜け出してみたいと思います。

瞑想とは?

そもそも瞑想するということはどういうことなのでしょうか?

心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。

引用元:ウキペディア

ん~なるほど、広い意味でとらえられていて一般の人が気軽に取り組むことができる一方、究極の領域に達するために行うものでもあるみたいですね                                                      

ここは深く考えてはいけません。

瞑想=己の気づきを求める為にもうける特別な時間と定義します。

瞑想の種類

起源はインドで2500年前にブッダが広めたと言われているヴィパッサナー瞑想からはじまります。

さらにそこからサマタ、慈悲、超越、マントラ、マインドフルネス、座禅、ヨガなど瞑想と呼ばれているものや関係しているものは数多く世の中に存在します。

1つずつ掘り下げていけば、まさに迷走してしまうことになりかねないです。

しかし昨今、大企業が社員教育でマインドフルネスをとり入れているのは知っています。

グーグル、フェイスブック、アップル、マイクロソフトなどは老若男女にもご存知の大企業です。

かのスティーブ・ジョブス氏が禅に傾倒されていた事はあまりにも有名な話で、そこから派生してマインドフルネスが一般人に広まったといっても過言ではありませんね。

私はミーハー肯定主義でございます。ミーハーを知ることは時代を知るということです。

そしてマインドフルネスが私の定義とほぼ一緒なこともあり軽い気持ちで取りくんでみることにします。

瞑想=マインドフルネス

瞑想の効果と脳の関係

瞑想はストレス、認知症、物忘れ、うつ、不安、創造性、記憶力UPなどの効果が期待できると言われています。

これは脳と心身が相互に関係していることを表しています。

人の脳は1日に18万7千項目のことを考えていると言われていて、そのほとんどが過去の後悔や将来の不安などのネガティブなものばかりだと言われています。

つまり脳はつねに働いていて疲労した状態だと言えます。

その脳の働きにおいて重要な役割をもたらすのが前頭前野です。おもに命令や判断などをくだす司令塔の役目です。

そしてその前頭前野がいちばん信頼をおくのが海馬です。こちらは記憶をつかさどり情報を整理します。

これらは連携を保ちながらつねに四六時中働いている状態です。

海馬はとくに負担がかかる場所で加齢や過度のストレスで疲れ果ててしまうと脳細胞が痩せてきてしまいます。

海馬は痩せてくると上手く記憶の整理ができなくなり、物忘れや新しいことができなくなって認知症、うつなどの心身症が発生しやすくなってしまうのです。

しかし瞑想がこれらの症状に効果があることが分かってきました。

瞑想の科学的な見解

瞑想することにより症状に改善は科学的にも分かっています。

ハーバード大学の研究によると毎日20分間の迷走を8週間にわたり行うことで脳の海馬の細胞が5%ふえたということです。

その他にも小脳、脳幹などの神経細胞もふえることが分かっています。

ではなぜ瞑想をすると脳細胞がふえるのでしょうか?その謎を理解するには少しこむずかしくなってしまいます。ごめんなさい。

まず瞑想をすると脳からシータ波がみられることが分かっています。

これは脳波の1種で脳波は大きく分けて5種類に分けることができます。デルタ波、アルファ波、シータ波、ベータ波、ガンマ波になります。そしてそれぞれに特徴があります。

シータ波の特徴は浅い睡眠時で夢を見るまどろんだ状態にでることが分かっています。

そして完全な睡眠時のときにはデルタ波がでています。ここで脳の大切な働きの前頭前野と海馬は完全休息している状態です。

つまり両方が休息し疲れをとっています。覚えておいて下さい。

次に瞑想をするとシータ波がではじめて脳の司令塔の前頭前野は休息をとりはじめます。

しかし、いっぽう信頼のおける海馬はシータ波がでてるときには休息をとらずに独自の記憶の整理をしはじめます。良いものと悪いものを取捨選択しているのです。

この状態とは潜在意識に働きかけやすく、ひらめきや記憶力が定着しやすいのが特徴です。

まとめると瞑想中は前頭前野が休んでいるので海馬は負担がかからずに記憶の整理せいとんがしやすくなります。

その結果、海馬や他の脳細胞は疲れと元気をとりもどし、痩せた脳細胞がふえることにつながるのです。

ずいぶん長くてこむずかしくなりましたが、このように科学的にも瞑想は研究がなされていて様々な効果が期待できるということなのです。

瞑想を体験

それでは実際にやってみましょう。初めの内は3〜5分を目安にし、なれてくれば10〜20分に時間をのばします。タイマーをセットしとくとよいでしょう。

姿勢
全身をリラックスします。背すじを伸ばしてあぐらをかきます。目と口は閉じて口の中で舌を上あごにつけておきます。

手の甲をひざの上において指先は人差し指と親指で丸めたりしてそれっぽくしましょう。

呼吸法
息をゆっくりと鼻から4秒吸って、口から6秒吐くことを意識しましょう。コツは吸うほうに意識をすると上手くいきます。これもそれっぽくします。

無心状態
何も考えずに呼吸に意識をします。雑念が沸いたら呼吸に意識をもどします。

この意識をもどすことをくり返すことが脳のエクセサイズになり効果があがると言われています。

そしてタイマーが鳴るまでひたすら無心になりましょう。             

 Don'tThink,Feel ! ブルスリーより

まとめと感想

40代のぼっちが人生の迷走から瞑想と思い立ったが吉日。真剣にトライしましたが結果的には奥が深すぎる事が分かりました。

なんとなく脳がクリアでサッパリした感じはありました。しかしハッキリ明確なものを期待しているのなら本格的な修行が必要になってきますね。

あとで分かったことなのですが、アルファ波をとおり越した先にでるものがシータ波らしいのです。

瞑想をしてシータ波がでる状態に到達するには亀仙人クラスの達人でないと無理かもしれませんね。

いついかなる時にでもシータ波をだすことができればアインシュタインはじめ、その他もろもろの天才の仲間入りができる日も近いのではないかと思います。

ぜったいに、修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ。

-ストレス

Copyright© ムコウガワイクオのぶろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.