私は行く、自己満足の向こう側へ・・・

ムコウガワイクオのぶろぐ

ストレス

闇風呂の効果は絶大だけど寝落ちは危険です!

更新日:

シャワーでは疲れがとれないと思った時によく湯船につかる事があると思います。

いつものように湯船につかりリラックスをしていると突然、パッ!っと電気が切れました。

真っ暗闇の中疲れていたせいもあり、そのまま湯船につかりじっとしていると・・・

「ブクブクブク~」

死ぬかと思いました。一瞬で湯船にしずんでました。疲れがたまっているとこうなります。

どうやら電球が切れたみたいで電球を交換すると、やけに明るく感じる浴室。それと何だかみょうなサッパリ感で心地がいい。

暗闇で寝落ちした事がきっかけで知ったストレス発散のひとつなのでみていきましょう。

闇風呂とは?

世の中には間違いなく闇があります。その闇は例外にもれなく悪いことを連想させるものです。

闇の世界、闇金融、闇サイト、闇鍋、闇とつくだけで何か怪しい匂いがプンプンしますね。

巷では闇風呂なるものがあるらしのですが私は知りませんでした。

お風呂の世界にもこんな闇があるとは驚きを隠せませんが、もしやスーパー銭湯あたりでいけない物でも取引しているのでしょうか?

ちょ~疲れが取れる上物のバブやバスクリンなどの薬関係か?

いやいや調べると悪い事とは真逆のリラックスの方法でした。健康に関心がある方はこぞってやってるみたいですね。

ストレートに説明すると闇風呂とは電気を消して真っ暗な状態でお風呂に入るという事だけです。

ではなぜこれがいいのでしょうか?

眼精疲労に効く

これはお風呂場を暗くすることに意味があります。少しせまい空間で電気を消すとそれはそれは漆黒の闇を演出してくれるのです。


ふだん目の疲れは長時間のスマホやパソコンの光、ピントを合わせることで疲労しています。この筋肉は毛様体筋といって自律神経がコントロールしています。

真っ暗闇にすることで目からの情報はシャットアウトされ、脳が休む時間だよという信号をだして自律神経をリラックスモードに切り替えてくれるというのです。

またドライアイの方などはお湯の湿度で目が潤い入浴効果とプラスされ全身の疲労回復効果が期待できるというのです。

なるほどです。中高年は疲れています。ほんとうにオススメです。

効果的なすすめ方

まず湯船にお湯をはる準備ですが、心臓に負担がかからないように半身浴できる高さにしましょう。

温度は38~40度がベストです。熱すぎると交感神経優位になるおそれがあり逆効果になります。

そして上物のバスクリンやバブを入れてリラックスや疲労回復を促進するようにしましょう。

次に浴室を真っ暗のじょうたいにしていきます。これは先ほど述べたように目の疲れをとるには大変効果があるからです。

しかし急に真っ暗にしてしまうと何も見えずに、豆腐のかどで頭を打ちかねないので気をつけて下さい。

個人的には脱衣場に懐中電灯やアウトドア用のランプを持って行ったほうが良いと思います。

そしていざ、消灯の時間です。真っ暗のじょうたいで8分~15分の間ゆっくり入りましょう。あまり長く入るとのぼせて逆効果になります。

グッズや注意事項

真っ暗闇での音がない状態でも良いですが、個人的には防水スマホでヒーリング・ミュージックを流し瞑想をとり入れたりしてもよいのではないでしょうか。

尚、お洒落なアロマオイルやアロマキャンドルは身の丈にあったものを選ばないと、電気がついたときに鏡に映る自分とのギャップに苦しみますので注意です。

「に、にあってね~!」

やはり中高年は懐かしの六一〇ハップ(ムトウハップ)まぼろしの入浴剤の硫黄のにおいがお似合いです。

各々自分がリラックス出来るようにグッズをもちこんで工夫してみるとよいでしょう。

あとはリラックスしすぎて寝込んで湯船に沈んでいかないようにしましょう。

もしも心配で怖いときには友人家族に闇風呂にはいることを打ち明けておくと良いでしょう。1人では何かあったときに誰も助けてくれませんので注意です。

まとめ

現代人は常に多くのひかりを浴びて目を酷使しています。TV、スマホ、パソコン、特にスマホは今やひとり1台の時代です。

しかし、太古のむかしは日が暮れると焚き火の灯りや月夜の灯りしかない状況で真っ暗闇だったでしょう。

何も出来なかったその時代にタイムスリップする意味でも闇風呂はいい刺激になるのではないでしょうか。

目はもちろんのこと全身のストレス発散にぜひリラックスしてためしてみて下さい。

-ストレス

Copyright© ムコウガワイクオのぶろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.