ストレス

ストレス発散に釣りがよかった5つの事

なんだかイライラするし、疲れやすくなってきました

おそらく目に見えない敵が攻撃しています

そうですストレスです

私は昔から上手くつきあうことができません

毎日じわじわと、ボディーブローのごとく効いてからでないと気づかないものです

このままじゃ病んでしまいます、仕事なんてサボって釣りにいきましょう

「なぜか」

釣りとは逃避的な自我の防衛策である
モーリーン・ダウドより

お偉いコラムニストの女性が言うのだから間違いない

私は、昔から釣りをしますが
ストレスに良い理由が5つほどあるので紹介します

まず第一に釣り場に癒される

都会の忙しさに追われていると、職場と家の往復だけの生活になってしまいます

見てる景色も、毎日、毎日、同じものばかり
無味で無機質に感じます

夜のきらびやかなネオンさえも
うっとうしくて眠ることができません

ところが、釣り場に出かければ大自然に囲まれた
海、山、川、湖、渓流と

魚の住んでる場所は日常とは大きくちがいます

ゆっくり深呼吸し、あたりを見渡すと壮大な開放感の非日常がまっています

そう落ちつくことかぎりなし

キレイな川や渓流なら、緑の葉っぱや草木も多く
空気が澄んでマイナスイオンがいっぱいです

海にいけば、潮の香りや波の音、風にのったカモメの姿を見るだけで、ゆっくりとした時間が流れます

海沿いにつらなる大きな岩や断崖絶壁をみると
どうやったら岩がこんな風に削れてキレイな形になるんだろう

なんて芸術的でびっくりです

あげくの果てには、水平線にひろがる日の出や夕焼けなんて見るとなんか泣けてきます

なぜ日は昇りまた沈み
今ここで生きているんだろうか

なんて、センチメンタルな思いにふけるのです

自然の景色や風景に囲まれながら、釣り糸を垂らすと理屈ぬきで心地がよく

いつのまにやら仕事のことや人間関係のことなんて忘れます

自分の調子がいいとか悪いとか忘れます

大昔から自然はそこにあり、晴れや曇りや雨や雪
今も変わらず色んな表情を見せてくれます

釣りをしながら感じることで
弱ったメンタルには効果があるみたいです

ストレスを感じたら
癒やしを求めに釣り場に行ってみてください

第二に童心に返ることができるから

大人になると、色んなことにスレてきます
いい意味だと馴れる、悪い意味だと無関心や無感動

無感動からはウツになる人は多いと聞きます
だから、大人になっても忘れてはいけないことがあると思います

そうです、ワクワク感とドキドキ感
東京タワーオカンとボクと時々オトンです ん・・・

私は子供の頃、父から買ってもらった安い釣り竿とリールで手から伝わるビクビクした魚のヒキに興奮をおぼえました

それ以来、釣りが大好きになりました

魚のヒキは大人になった今でも飽きることはありません魚の大小には関係ありません

魚とのやりとりを楽しむのが釣りの醍醐味だと言って過言ではありません

やりとりで糸は切れないか?無事に取りこめるか?

もうドキドキハラハラの展開が繰り広げられます

夢中で釣り上げたときの喜びや感動はなんともかえがたいものがあります

これはちょうどギャンブルの大当たりといっしょです

学者さんいわく、この快感は脳から快楽物質のドーパミンを出すらしいです

この物質はうれしい、楽しい、大好き、でドバドバと出てきます

快楽がいったん脳に記憶されると
次はそれ以上の快楽を求めるようになってくるので
依存するようになるらしいです

釣りはギャンブルといっしょで依存症になってしまうメカニズはいっしょなんです

しかし、ギャンブルにハマるのならいっそ釣りの方がましです

釣りはお金がかかるのは初期投資だけで
工夫しだいでは、コストをタダにおさえることができるからです

無心で魚を追いかけることが出来たら、おそらくそれは童心にかえったことを意味するのではないでしょうか

第三に運動効果で健康になれる

現代は交通手段も発達し、便利になった分運動不足になりがちです

会社帰りのジム通い、帰宅後の軽い運動は
疲れてると、なかなか続けることができません

その点、釣りは魚を釣りあげるという目的があり
狙う獲物によって、色んな場所に行くことができます

疲れていても釣り場に行くだけで癒やされます

魚も釣れる場所と釣れない場所があるので
いない場所でいくら粘っても釣れません

そんな時は場所を移動したり魚のひそむポイントを探さなくてはいけません

そうなると、知らず知らずに歩くこととなり、帰るころには結構な距離となっています

本人に運動をしている自覚はなく効果が出るということです

またリールを使う釣りの基本に
キャスト、英語で投げるを意味する動作があります

リールは糸をまき取るための道具です
エサや仕掛けを投げる動作をしたあとに、巻き取る
動作が必要になってきます

この投げたり巻いたりすることがストレス発散にはもってこいなのです

広大なフィールドにおもいっきり仕掛けを投げる気持ちよさや

狙った所に飛んでいった時の爽快感はちょうどストラックアウトに近いものがあります

投げる時に大声で叫ぶとなおさら効果バツグンです

でも言葉を選ばないと何かあったと思われ
助けがくる事になりかねないので注意が必要です

オススメはくしゃみと思わせるような感じで

「ヘミングウェイ」

と投げると怪しまれません(笑)

このように自然と楽しく、健康に良いことが期待できるのが釣りの魅力のひとつです

第四に日常生活のヒントにつながる

ストレスが溜まると、どうしてもいい考えが浮かばないことがあります

さらに焦れば焦るほど、悪いほう悪いほうへといってしまうこともめずらしくありません

そして煮詰まってしまいます

そんな時は、魚を釣り上げるように物事をシンプルに考えてみてはいかがでしょうか?

いっけん釣りは簡単でないように思われたりします
おそらく道具がむずかしくさせているのでしょう

しかし考えてみると

魚釣りは太古の昔から人々の暮らしにあり
動物の骨でつくられた釣り針の化石が見つかっているほどです

糸は植物から作られていたみたいです
昔はこういった自然のもので釣れていたんです

簡単です

それは時代は変われど、根本的に変わらないものが
あります
それは魚がいるということです

魚がいればエサとハリと糸があれば釣りは
成立するんです

簡単です

本質的に何も変わりません普遍的だということです

しかし釣りも、どうしても釣れないときがあるのは確かです

正直、釣れないことがストレスになることもあります

そんなときは、このことわざを思いだします

最良の仕事の日よりも
最悪の釣りの日の方がまだマシである

ニュージーランドのことわざより

これは救われる格言ですね

このことをふまえても、釣りは日常生活において
いいアイデアやヒラメキが生まれる
きっかけになるでしょう

第五に美味しく食べることができる

やっぱり釣りから帰ってきて最後の楽しみといえば食べることです

自分で釣りあげた魚を食べる喜びは釣った人でしか味わうことができません

お刺し身や焼き魚、煮付け、カルパッチョ、なんでも美味しいです

馴れない調理も自分で釣った魚だからこそ、楽しみにかわります

こうして自分で釣り上げた魚を美味しく食べることで日頃のストレスも解消されるはずです

食べるということは生きる基本、太古の昔より人間は魚を食べてきました

そして今なお、食べ続けれています

これも神様が創られた大自然のめぐみです
感謝して生きていきたいと思います

最後に

あらためて、釣りにはストレス発散の効果がすごいことが分かりました

動物は自然の中で五感を使って生きています
もちろんそれは人間もおなじです

この五感はストレスが溜まると鈍ってくるものです

都会の無機質なコンクリートジャングルに囲まれているとなおさらです

釣りに出かけると自然と
五感を震わせることができます

五感を整えることができればストレス
への耐性が強くなります

まとめると

・視覚 大自然やキレイな景色を見る

・聴覚 川の流れや波の音、鳥のなき声

・嗅覚 緑や葉の匂い、磯や魚の匂い

・触覚 魚やエサ、水、石、土をさわる

・味覚 食べる

どうでしょう、釣りを通して五感を震わせ
本能的に癒やされてみてください

-ストレス

© 2021 ムコウガワイクオのぶろぐ