マインドセット

辛い時に逃げるのは恥ではないし役に立つ

逃げるは恥だが役に立つというドラマがヒットしたのが2016年の頃です

内容は知りませんが、逃げるは恥だが役に立つ?

ん、なにか聞きなれな言い回し
どうやらハンガリーのことわざらしいです

意味あいとしては

「自分の戦う場所をえらべ」
「得意分野で戦え」

日本のことわざでいう

「逃げるが勝ち」

が近いのではないのでしょうか

こういった価値観が流行るということは
今後のカオスな時代を予期しているのかも知れません

混沌とした社会を生きぬく為には
逃げることが
最重要スキルになるはずです

逃げていいは無責任?

「辛いときには逃げていいんですよ」

こんな耳ざわりの良いことを言う人は、
自分に酔っているだけの無責任な人
などと言われます

逃げたあとの事や具体的な解決策をしめさないと
どうやら許されないみたいです

これって、今まで逃げないでやってこれた人達が
逃げることを否定しているだけです

逃げてうまくいった人達は
逃げることを逆に肯定するはずです

ただそれだけのことなのに
人に意見をするだけで責任の追求です?

いつの時代だって生きる責任は自己責任なはずです

私の人生
結構逃げてきました

その結果どんどん良くなっている気がします

どんどん過ごしやすくなり
上手く順応できているというか
馴染むというか

自分の住むべきところに漂いながら落ち着くかんじです

なので私は

「逃げていいんだよ」

と聞いて無責任とは思わないし
今ならなおさら
逃げていいんだよと言いたいです

逃げるの定義

そもそも個人で逃げる定義はちがいます

職場でいじめられているから
辞めたとしても
このことを

ある人は負けだと定義し
ある人は勝ったと定義するからです

必ずしも立ち向かうことが
逃げないということではないように

自分の都合のいいように解釈すればいいのです

その解釈のしかたが個性というものです
自分で定義をつくりあげましょう

理屈ぬきで逃げていいんです
身体が反応するなら逃げていいんです

辛いのならなおさらです
自分の人生です

わたしの定義は死なないです

本能的でシンプルです
自分の直感で逃げるようにしています

ボジティブに逃げるのです

人によっては元気があるがゆえ
逃げないで我慢し続けることもあるでしょう

でも何も解決してないのでは
ありませんか?

それどころか、自分でも気づかないぐらい
疲弊してしまってるかもしれません

我慢してる状態っていうのは思考停止状態

体力や気力だけで
持ちこたえていることを意味します

我慢でなにか状況が変わることはありません

なぜなら動物や昆虫などがそうです

自分の過ごしやすい快適な
環境や場所に移動します

自分の天敵がいるような場所には
居続けないはずです
本能的にです

その結果ダーウィンのいうとおり進化してきたのではないでしょうか

だから人間もその人に合った場所や働き方
生き方や人間関係というものを
どんどん選び取っていかないといけないのです

今いるところが全てだと思いみ
我慢し続けるのは危険です

本当はもっとラクに
楽しく生きれた
人生かもしれない

我慢し続けて一生が
終わってしまうということだってありえます

本当は逃げたいけどやっぱりダメだ
逃げたらカッコ悪い
みたいなことを考えて逃げれない人に対して

わたしは

「逃げていいんだよ」

と耳ざわりの良い言葉をかけてあげたいです
私が若い頃に助かった言葉だからです

実際に逃げたところが
前の職場よりぜんぜん大変じゃなくて楽園
だったっていうこともありました

自分がなにかその場所や人に
違和感を感じたり
おかしいと感じたのならポジティブに
逃げてください

そうです
辛い時に逃げるのは恥ではないし役に立つ
からです

むしろこれからの時代は
外国人労働者、AI導入で社会や人間関係も
カオスな状況になります

逃げることが
重要なスキルの1つに
なってくるのは確実なはずです

まとめ

自分のカラダやこころが悲鳴をあげていることに気づいてください

SOSがでていることを無視してガマンし続けることだけはやめてください

ただちに逃げてください
自分や命を大切にしてください

なぜなら
その先にはとっても
良いことがまっているのだから

-マインドセット

© 2021 ムコウガワイクオのぶろぐ