私は行く、自己満足の向こう側へ・・・

ムコウガワイクオのぶろぐ

見えない力

占いは当たるとか信じるとかではなくこのように活用する

投稿日:

いいですか、ズバリ言うわよ!

あなたは今年中に良いパートナーと出会うでしょう。

あなたの前世はカッパなので水辺での出会いがとても大切です。

あなたはもともと偉い王様のもとで使われていたのでよく気が利きます。

などなど、色んなことを言われたりするのが占いの醍醐味です。

しかし世の中にはそういった占いをあたかも医者やカウンセラーと同じように考えている人達がいます。

当たらなかったり悪いことを言われると、

「まちがってるし、そんなはずはない!」

などと責任を押しつけたり罵声を浴びせるしまつ。

もう少し柔軟なとらえ方をしてこのように活用すればいいのになぁ~と思いました。

みていきましょう

占いは解釈しだいです

そもそも占いは当たるもはっけ、当たらぬもはっけと思いませんか?

わたしは実際は当たっていても当たってなくてもどうでもいいんです。

わたしは当たっている占いもあると思いますし、ある程度は好きだから参考にするほうです。

なぜなら楽しいからです。

ただまったく信じない人もそれはそれで別にいいと思います。

ただ占い師さんを悪くいうのはやめましょう。占い師さんも人の子です。

お金を頂いてみなさんに喜んでもらおうとしているではありませんか?

あったかい目でみましょう。

そして何度も言いますが、わたしは当たるとかなんてどうでもいいのです、ぶっちゃけそこは重要じゃなかったりするんですね。

では何が重要なのかといいますと、解釈です。

きっかけはある社長さんとご飯を食べたときの社長さんの占いの話しでした。

バシャール的な占い師

社長さんの話を聞くとその占い師さんっていうのはどっかの星の宇宙人とチャネリングをするみたいです。

その宇宙人の情報をババーっと自分に降ろして地球語で伝えるらしいのです。

イタコかい?

その人は日本人なので日本語で伝えるらしのですが、どんな事を伝えたのかというとけっこう信じられない事が多かったのです。

その社長さんはオリオン星雲のどっかの星から来ているだとか、昔は中国の方の王様を歴任していたとか、日本の王様も何回かやった事があるとかそういう話だったのです。

正直かなりぶっ飛んでるじゃないかと思いました。

どっかの星の宇宙人とチャネリングしているというとバシャールが有名ですね。

バシャールという宇宙人がオリオン座のちかくの星エササニにいるんです。

そこの星の宇宙人とダリル・アンカさんがチャネリングしてやりとりをします。

あっちの宇宙の方がいろいろ進んでいるので地球の事が分かるということですね。

手法はおそらくいっしょですね。

社長の見解

そしてここから社長さんが言ってることがわたしには響きました。秀逸です。

わたしがその話しを聞いて、ついついその占い師の事に対して、

「かなり怪しくてぶっ飛んでいますね!そんな事ってありえますかね?
たぶんウソだと思いますよ!」

みたいな冗談を言ってしまったんです。

そうすると何と言ったかというと、

「正直当たってるかどうかっていうのは分からないし、どうでもいい事なんだよね、」

ここは、わたしといっしょです。

大事なのはその占い師に言われた事や、言葉っていうのをヒントにして自分の潜在意識の中にある閉じてるトビラを開ける事なんだよ。

自分がどっかの国の王様を歴任していて、そういう王の気質があるのだったらそれをどのように生かせるだろうかって事を今世で考える、それが大事。

その王の気質があるなんて事は、自分が普通に生活していたら考えるきっかけすらもないし、そのきっかけっていうのを与えられたっていうのがその占い師と会った大事なポイントなんだよねってこと。

これはすごく良い事を言ってると感じました。秀逸です。

さらに続きます、

占いなんか当たんないよと言って、はなっから否定してしまう人っているよね?

それってもったいないと思うんです。

当たってるか当たってないかっていうのはどうでもよく、その占いで出た言葉とかをヒントにして自分の中にその要素があるのかどうかっていうのを確認するきっかけが出来るわけですよ、

もし思い当たる所があるんだったら、それを伸ばしていくっていうのも人生をより良くしていくためにかなり有効だと思いますよ。

とこのように締めくくりました。

まさにそうですね。

こんなふうにして取り扱えば楽しく自分を高めることが出来ると本当におもいます。

活用法

もし、その占いをやらなければそれは考えるきっかけすらなかったという事で、みすみすチャンスを逃してる事になりますね。

わたしはけっこう占い好きなので手相占いや人相占い、動物占いなどはふつうに楽しんでいました。

また動物占いを使って相性を占ったりとかしました。

動物占いってすごい流行りましたけどあれも四柱推命占いの1つです。

相性占いっていうのが出来るんです。

月組、地球組、太陽組っていうふうに3つに分けて相性占いをする事が出来ます。

そんな相性なんて当たるのかよという考えをもつ人達もいると思います。

しかし、それをわたしは証明できないし証明する必要もない事です。

この3人組みの相性を合わせたらどうなるのかという事を考える事が大事なんです。

相性を考えずにチームを組んでしまったらボロボロになる可能性だってありえます、

でもその動物占いっていうツールを使う事によって3人の相性がどうなのかっていうのを考えるきっかけが出来るわけです。

そして、もしかしたらボロボロになってしまうところを変えていく事ができたり、メンバーを入れ替える事によってそのシュミレーションができるという事です。

こういうふうに、なんてことのない具合に占いっていうのを活用すればいいと思うのです。

いかがでしょう?

本当に絶対当たってるとか絶対ハズレとかそういうものでもないし、そんな事考える必要はまっぴらごめんです。

うまい事、活用するって事を考えてみることが大切でこれが正しい占いの取り扱い方かなという結論になりました。

まとめ

最後に注意することは、

占いにすごくハマってる人がいますが、占いは本当に当たるもはっけ、当たらぬもはっけなのでそんなにハマらない方がいいと思います。

あくまでもあれは統計学だと思って下さい。

それにカードリーディングだったらカードのリーディングの仕方によって、だいぶ意味合いが変わるし、タロット占いなどがそうですよね。

ハマってネガティブだったりハマってやけにポジティブになったりっていうのもまた違いますし、

自分の人生を良くするためにどんなヒントを得られるかっていうのを楽しみながらさがしてみて下さい。

くれぐれもハマりすぎに気をつけましょうね。

-見えない力

Copyright© ムコウガワイクオのぶろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.