私は行く、自己満足の向こう側へ・・・

ムコウガワイクオのぶろぐ

心の持ち方

鬱っぽくなる冬の天気にこそ意識する3つのこと

更新日:

冬がはじまるよ、ほらまた僕の側で。

肌寒くなる晩秋から冬まっただなかでも思いだしてしまう歌詞です。

1人ぼっちの中高年はうつうつとした気分になる季節なので出不精になりがちです。

頭の中では何が起こっているのでしょう?

みていきましょう

冬だから陽の光を浴びる

昔から冬はうつになる人が多くなってくるといわれています。

冬季うつ、という言葉も内向的な性格の人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは以前からずっとそうらしいのですが、冬になるとやっぱり日照時間が短くなってくることによって起きるらしのです。

季節性感情障害ともいわれているみたいです。

うつ病の1種で秋の始まりから真冬にかけて、うつ状態や抑うつが始まり、春や夏になってくると比較的症状が和らぐという特有のサイクルを繰り返すとい疾患みたいです。

冬になると日照時間が少なくなることでセロトニンの合成が少なくなってしまいます。

セロトニンとは聞いたことがある方も多いと思うのですが脳から出る幸せ物質です。

簡単にいうと安心感を与えてくれる物質で不安を和らげてくれる効果があります。

これは陽に当たることで、脳内のセロトニンを合成するスイッチの役目をはたします。

しかし日照時間が多くない北欧では、冬季にはそれほど日光を浴びれないような国が多く、すこぶる症状が悪化しやすいということが分かっています。

これとは逆に南の国では、日照時間は冬でも多いのでラテンのノリでセロトニンの量がたくさん出ているイメージが強く冬季ウツの症状は少ないはずです。

ただし日照時間の少ないドイツではカントやヘイゲルといった哲学者が生まれており、家にこもって内省的になってあれだけの哲学の体系を作ったともなると、あながち日照時間が少ないのも悪くないと思ってしまいます。  

これには興味深い話があって、うつ状態にある人は紛れもなく苦しむのですが今の自分自信の方がより掘り下げた人生を吟味しているという考えもあり満足感を得ているというのです。

このことは苦しさの裏にある満足感のようなものがあるからこそ、うつを治りにくくさせている原因があるということです。

天才は研ぎ澄まされていることを表しますね。

また、ゲーテも天気にまつまるニュアンスを指摘しているみたいです。

彼もドイツ出身の文豪であり多才な人でありますが彼がイタリアに行ったとき、なんだこのアバウトで楽観的な国はと感じてとても気分が良くなったことから、これは気候の違いなんだというようなことを指摘しているみたいです。

私達よりも先立つこと数百年前に彼はそれを感じているわけですね。

やはり冬季はうつになりやすいし内省的になりやすい。では、うつにならないためにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは陽の光に当たることです。それもまだ抑うつ状態かなぁと思われる状態の時に予防的に対処していきましょう。

冬は日照時間が少ないですが朝に陽の光をなるべく浴びるように努力することがとても効果的です。曇ってても浴びないよりはマシです。あまり気にせず浴びにいきましょう。

食べてトリプトファンを増やす

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から合成されますが、トリプトファンが欠乏してくるとセロトニン合成量が激減してしまいます。

特に女性は減りやすいので牛乳やチーズ、ヨーグルトの乳製品、ナッツや赤身の肉、それからから赤身の魚などを意識して食べるようにします。

あとは豆類、納豆やピーナッツにも含まれているということがわかっております。

あとはビタミン B 2も一緒に摂取すると合成がよりスムーズになりますのでレバーやうなぎと一緒にとっていただくと良いかもしれません。

あとはウニやスジコ、たまごにも入っていますがプリン体が気になるところなので、体のことを考えて中高年は上手く取り入れることが必要になってきますね。

重要なお風呂

最後に大切なことはお風呂に入ることです。お風呂に入るとセロトニンが増えることが分かっています。

湯船にお湯をためるのがめんどくさく、シャワーでラクラク済ませている方も多いと思います。

なるべく温かいお湯につかるということをちょっと意識してみてはいかがでしょう。

そして本当にリラックスした感覚を自身でもつということが、セロトニンが増えているという証拠になるので、自宅でシャワーしか浴びないという方は足湯だけでも良いのでなにか工夫をされることを検討してみてください。

とにかくリラックスを感じてください。考えるな感じろ、、、ですね。

まとめ

寒い季節になると日照時間が少ないことでセロトニン合成のスイッチが自然と押されなくなります。その結果うつうつとした気分になり、出不精、冬季うつにつながります。

この状態になる前にこの3つを意識していくことが寒い季節にはとくに大事ですね。

冬季うつには陽の光とトリプトファンとお風呂がたいへん効果的。

ぜひ取り組んでみてください。

-心の持ち方

Copyright© ムコウガワイクオのぶろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.