私は行く、自己満足の向こう側へ・・・

ムコウガワイクオのぶろぐ

ストレス

アイロンがけでストレスを発散しよう

更新日:

イライラしたものが解消されていく時にいつも頭の中でイメージしてしまうことがあります。

なにか分からないクシャクシャの物がゆっくりとほぐれそのシワがまったいらになり、最後にはピシッとなるイメージです。

当然のことながら、まったいらな状態になったときに気分が晴れるのです。

わたしは昔からアイロンがけをする習慣がありシワが伸びるところを見すぎているあまり、脳に絵がこびりついてしまっているのでしょう。

なので気分が晴れる時にピシッとした絵と頭の中がむすびついてしまうのです。

クシャクシャのものが、まったいらになるサマはとても気持ちいいものですよ。

ためしてみましょう。

アイロンがけは嫌いな家事の代表

主婦の方にはいつの時代もめんどうで嫌いな家事の代表としてアイロンがけは位置づけされているのではないでしょうか?

近年では形状記憶シャツの登場でアイロンがけから卒業される方々も増えているみたいです。

特にワイシャツなどは手間のわりに、実にあっけないもので朝にピシッとした状態でも昼頃にはフニャフニャになっているものです。

私は家事の大変な主婦の方には手間と時間を有効に使ってほしいと考えます。

クリーニングに出せば手間いらずでコストも安くキレイに仕上がってきます。

しかし、苦にならない人であればその手間が愛情深いものとなり夫婦円満につながることは間違いないでしょう。

シングルの私が言うのもなんですが...

 アイロンがけをする理由

ではなぜ、私はめんどうなアイロンがけをするのか?

「そこにアイロンがあるからです」

もちろん自分で買いました。自分でやる習慣が長かったせいもあり単純に好きになりました。

40代ぼっちは衣類のシワが伸びるサマを見ることで心の乱れが正されていくしだいです

服装の乱れは心の乱れと言っていたのは80年代の学校の校則でした。

私は衣類のシワが伸びるとともに背すじを伸ばしストレスを発散しているのです。

ただし40代の中高年は疲れています。ワイシャツは卒業です。こまかな作業は疲れるだけなのでハンカチをアイロンがけしましょう。

それもハンカチとして売られているものではなく、綿100%の日本手ぬぐいをハンカチとして使うことをオススメします。

ハンカチは汗や手をふく面積が少なくてアイロンがけもすぐに終わってしまいます。

いっぽう日本手ぬぐいは長さがあり面積も広く頭にも巻けたり色んな用途に使うことができるので便利です。

高級なものや専門店もありますが、安いものは100円ショップなどで売られています。

肌ざわりや吸水性が違うので少し素材がいいものを選んだほうが良いみたいです。絵柄も豊富でコレクションする人も沢山いるみたいです。

まずは手間のかからない日本手ぬぐいからトライしてみましょう。

アイロンがけで用意するもの

アイロン本体を用意します。基本的にはアイロンは何でもいいですが、できればコードレスであると取り回しがよくなります。

むかしの黒電話をイメージすれば分かると思いますが、受話器を持ちかえるだけでもコードがねじれてイライラしたはずですね。

次に今のアイロンにはスチーム機能が付いているはずですが、個人的にはスチーム機能は使わないことをオススメします。

なぜならスチーム機能はアイロン本体に水を入れて使う仕様となっています。年月や月日がたつとスチームの出る穴が石灰化して詰まってきます。

そうなるとメンテナンスが大変で手間がかかり最悪の場合には買い換えになります。

設定をドライにし霧吹きスプレーを手で衣類にかけた方が水の量も調整できて上手くシワをとることができます。

なのでスチーム機能は使わないようにして霧吹きスプレーを用意しましょう。

次はアイロン台を用意します。これがないとシワがすごく伸ばしづらくなるので必須ですね。

アイロン台は舟形でもスタンドタイプでも何でもかまいません。部屋に置いてじゃまにならない折りたたみ式が一般的ではないでしょうか。

必要最低限なものはこんなところです。

アイロンがけの注意とコツ

まず電源を入れアイロンの設定をドライにします。次に手ぬぐいをアイロン台に乗せますが手ぬぐいのほうが長いので、余っている部分は下に垂らします。

ほどよく霧吹きスプレーを手ぬぐいにかけていきますが適当でかまわないです。

温まったら、ここでアイロンを入刀です!

入刀?

手ぬぐいのかどっこを押さえつけながら布の幅を上下で分けてアイロンをかけていくとキレイで上手くいきます。

次は逆のかけ残しの部分をスライドさせて同じようにするだけです。とても簡単ですね。

アイロンのコツは当てる面積を目いっぱい広く使うことです。ピシッとする面積が単純におおくなるからですね。

衣類の種類によってこまかな部分は先っぽを使っていきます。むずかしいことは何もありません。

やっていくうちに勝手に上手くなりますしオリジナリティーが生まれます。

慣れたら最上級のワイシャツやスラックスにチャレンジするのもありですね。

またアロマ効果があるシワ伸ばしスプレーなどもあるみたいなので、ストレス緩和でためしてみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ 

いかがでしょうか。人によってはアイロンがけは手間でめんどうなものです。

たしかにワイシャツのように時間や手間がかかるものは疲れます。

しかし手間のかからないものから始めれば反対にシワが伸ばされるサマはストレス発散につながります。

アイロンがえは心頭滅却すれば火もまた涼しということではないでしょうか? はぁ?

どうぞためしてください。

-ストレス

Copyright© ムコウガワイクオのぶろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.