ストレス

辛い満員電車の通勤はリスクです。原付やバイクに乗りましょう

あぁ~今すぐ逃げ出したい

中高年の企業戦士のウンザリした
顔を見るだけで、その思いが伝わってきます

毎日毎日、朝からすし詰め状態で通勤する姿はまさに地獄絵図

一度でも、このキツイ満員電車で
通勤をしたことが
あるなら分かるはずです

わたしは
この戦場から逃げ出しました

この精神的に、肉体的にも辛い状況を克服するには今すぐ原付やバイクに乗ることをオススメします

なれないことは、少しばかりの勇気が必要です

満員電車通勤という戦場からサヨナラすることで、人間の心を取り戻すと私は確信しています

一歩ふみだしてください

世界一の通勤ラッシュ

世界的にも有名な通勤ラッシュ大国の日本、新宿駅においては世界一の乗降車駅としてギネス認定されています

もうビックリを通りこして笑っちゃうしかありません

本当にそれくらいです

私も若い頃、この朝の通勤ラッシュに大きな荷物と体ごとぶち当たる日々を経験しました

ラッシュ時の光景をはじめて見た時の一言は

「う、嘘でしょ、、おっ、押すの?」

でした

列車のとびら付近で駅員さんが、はみ出る人間をギュウギュウに押し込んでいます

その姿が親のカタキのごとく異様な光景です

あんなふうにして乗りこむのかと
辛くなったことを覚えています

乗り込むと車内は大体
混雑率200%の状態でした

ちなみに
混雑率=乗車率は同じです

100%が乗車の定員数だということなので200%だと単純にその2倍だということです

定義では200%となると
体が触れ合い、相当な圧迫感がある
しかし、週刊誌程度なら何とか読める状態

MAXの250%になると
電車が揺れるたびに、体が斜めになり身動きができず、手も動かせない状態のこと

私が通勤してた時間帯は常に200%でした

圧迫感で動悸や息切れはするし
香水や整髪料、汗や体臭のニオイで
吐き気や具合が悪くなりました

現場につく頃には体力も消耗し
疲れはて笑うしかありません

私は東京の洗礼を受けたのです

満員電車通勤のリスク

ほとんどの物事は、何度か経験すればなれてくるものですが、通勤ラッシュだけは無理でした

人間の大切な何かが失われていくような感じがしました

リスクしかないです

例えば

・とにかく体力の消耗、突然死の危険

・密閉なため風邪や疫病の感染経路

・痴漢の冤罪

などです

その中で男性にとっては、人生を一生棒にふるかもしれない痴漢です

冤罪は恐ろしいものです

日本映画
「それでもボクぼくはやってない」
が公開されたのは2007年です

私は40代の中高年なので、通勤してた当時は公開されていません

痴漢の冤罪などは知らずじまいの
ゆめ物語でした

それまでは、どちらかといえば痴漢は女性だけが苦しむものだという認識でした

時代を追うごとに痴漢被害は多くなり痴漢行為をした人が捕まることは
ごくあたり前になりました

しかし

あたり前の図式がぎゃくに作用してしまうと、一般のサラリーマンが濡れ衣を着せられ犯罪者となってしまいます

冤罪という無実の罪で、人生が狂わせられる事態に発展するということを
当時の私は知るよしもなかったのです

映画で私が学んだことは、本当に
無実であっても一度容疑者として
疑われ、起訴されてしまうと完全にアウトだということです

自分はやってないと立ち向かい
勝利を信じて
長い労力を費やしても
やってないと言う声が裁判官には届かないのです

起訴されて有罪になる確率は99%だといわれています

おそらく精神崩壊、家庭崩壊、社会復帰は厳しくなると思われます

本当にリスクしかありません
それでも満員電車で通勤しますか?

容疑者に間違われて、はっきりとボクはやってないと言えますか?

わたしは謎です

考えたくもありません

わたし早々と電車通勤をやめて快適な自分を取り戻しました

 原付やバイクに乗る

こんなリスクしかない現状を
かえるには満員電車からおさらばするしかありません

一般的に考えられる対策としては

・職場の近くに引っ越す

・クルマ通勤

・自転車通勤、

・原付やバイク通勤

です

やはり一番いいのは職場の近くに住んで徒歩通勤です

経済的な面で、それが出来る人はすでに実践している場合が多いです

次にクルマ通勤も駐車場など
経済的な面で制約が多くなるので少ないのではないでしょうか

次に自転車通勤ですが、私も経験しましたが便利でした

自宅から職場がそれほど遠くなければ健康的でコスパが一番です

多少距離が長くても個人の体力によっては通勤もできます

しかし職種によって格好が違うことが
ネックになります

夏場は汗だくになり着替えも必須です

さらに体力も消耗し、本業に身が入らなくなることもあります

雨の日も濡れるので着替えが必要になり荷物も多くなります

そこで最終的に落ち着いたのが原付やバイクでの通勤になります

距離が長い時には1時間ぐらい乗っていることもありますが、満員電車の通勤よりも体力は消耗しません

格好もペダルを漕がないのでスーツであってもシワになりません

汗も夏場以外は気になりません

交通費はガソリン代のほうが安く経済的にも有利です

雨の日のカッパ、ゴム長、着替え
などは、メットインのほかに
容量のあるボックスを付けることで解決できます

最後にぜったい注意するべきこと

安全運転で事故をしないことです

快適に一人で移動できるので、対人のストレスはなくなります

ただ交通渋滞のイライラや危険運転などのストレスは少なからずあります

交通ルールをしっかりと守り
いつも穏やかな気持ちで安全運転しましょう

原付やバイクは乗りなれると
スピード感や風を感じられてすごく
心地よいものでもあります

そしてなによりも確実に、あの地獄の通勤電車よりも快適です

自分のことを見つめ直す

そうは言っても、経済面であったり
免許がなかったり、駐輪場の問題、事故の心配などで乗れないケースもあるでしょう

そんな時は、今一度自分のことを
見つめ直してみるのもいいのではないでしょうか

人によっては、田舎暮らしや職場を
変えることで自分のチカラが発揮される場合もあるはずです

都会でしか経験できないことも
ありますが、働き方は時代と共に色んな選択肢がでてきています

今一度、自分にあった生き方を見つけだすのも悪くはないでしょう

まとめ

満員電車通勤という地獄の日常から
解放されることで、幸せへの一歩を
ぜひ取り戻して下さい

しかしながら、あの凄まじい通勤ラッシュの経験を一度は経験するのも悪くはないかもしれません

なぜなら東京でしか経験できないもので絶叫アトラクションやお化け屋敷に近いものがあるからです(笑い)

原付やバイクで人としての心が通いはじめるきっかけになれば幸いです

-ストレス

© 2021 ムコウガワイクオのぶろぐ