ストレス

揚げ足は取られる方より取る方が弱いんじゃ!

映画、仁義なき戦いで菅原文太が言った名ゼリフがこちらです

「狙われる者より、狙う者のほうが強いんじゃ!」

これは勝負ごとやスポーツにおいて
の場合になります

日常生活での些細な間違いや指摘を
することはこれにあたらないです

このような行為をしてくる人
揚げ足を取っとってくる人に苦しめられてはいけません

そもそも人間関係は
勝ち負けを決めるものではないし
揚げ足を取る人の行為は

「本当は弱いんじゃ!」

だからです

揚げ足を取る人の心理

ではこの人たちの特徴や心理状態は
どこからくるのでしょう

とてもシンプルです

揚げ足を取ることとは、かまってちゃんと見つけたり!

本人は気づかないのでしょうが

心の底では相手にしてもらいたいだけ
かまってほしいだけなのです

特徴として

・プライドが高い、正義感のつよさ
・目立ちがりや、寂しがりや常に他人と比べて妬みや嫉妬がある
・劣等感を抱いている

などです

ただし必ずしも人間は何かしらの要素をもっているのもです

それが個性だからです

心理状態についても
揚げ足を取ることでストレスを
発散したり

自分の正しさや頭の良さを示して相手を見下し、自分の優位性をアピールしています

その行為はずっと声なき声で

「私を褒めて下さい!」
「かまって下さい!」

と訴えかけているのです

心のどこかに、不安や満たされないものがあり、それを埋めるために
人に対して揚げ足を取ってるにしか過ぎないのです

ストレスの元凶

揚げ足を取られてしまうと
一気に気力が失せ
思考停止状態になってしまいます

常にやられた感がつきまとい、また噛みつかれるのではないかと萎縮し
警戒するようになります

相手の人がストレスの元凶となり
話したり付き合うことが辛くなります

どうしても逃げれない立場で
生活をしている人にとっては心身ともにすごいストレスとなります

揚げ足取りの得策
ではこのかまってちゃんと
どう向き合えばいいのでしょうか?

こういった人達に、私は色々と苦労してきました

討論やご機嫌とりではこちらもパワーがいります

全く相手にせず
無視したりするのも後々辛くなります

どのやり方もそれなりに効果はあるのですが特に効果があるのは

イヤな相手とは物理的に距離を取ることです

逃げるが勝ちです、これが一番です

しかし、会社勤めだと顔を合わせないことは不可能です

ただ我慢していると徐々に
ストレスとなり
無理をすると心身に影響をおよぼしてしまいます

ひどい時には鬱になります

病気になるぐらいなら
全てを投げ出して逃げだすことをオススメします

その場所で辛い思いし、苦しむだけ
が人生ではありません

元気があれば、またやり直せます

これが現実的にできる最善の策だと思います

そして、最後に一番むずかしいこと

相手を許すことです

かのマハトマ・ガンジーがこのようなことを言っておられます

弱い者ほど相手を許すことができない
許すということは、強さの証だ

深いことばです

なぜ揚げ足を取ってくる人に自身が
嫌ったり、憎んでしまうか?

そもそも、憎む心が生まれなきゃ
許すことにつながらないのでは?

自分を見つめ直すきっかけになります

まとめ

本当に世の中には沢山の揚げ足取りがいます

そして、それに苦しんでいる人が沢山います

弱い犬ほどよく吠える
揚げ足を取る人達の心理も同じで吠えつづけます

どんなに強がったところで人間はしょせん弱い生き物

孤独が一番辛い生き物です

一人一人が思いやりをもち、真剣に人間関係に興味をもてば

勝ち負けの人間関係が無意味だと
気づくはずです

おそらく

故、菅原文太さんが生きていたら
こうおっしゃられると思います

揚げ足は取られる方より、取る方が弱いんじゃ!

ここまでお読みになっていただきありがとうございます

-ストレス

© 2021 ムコウガワイクオのぶろぐ